2年間の同棲生活解消!私たち国際カップルが出した結論と最良の選択

国際カップル同棲解消

タイトルにもある通り、この度私たち2人は付き合い当初から続けてきた2年間の同棲生活を解消することになりました。

当ブログでは私たちの同棲生活の様子も赤裸々に綴ってきましたが、突然このような報告となり驚かせてしまったかもしれません。

 

実は同棲解消をしたのは昨日今日ではなく数週間前になるのですが、ようやく心が落ち着きを取り戻してきてブログにまた向き合える状態になったので書こうと決心しました。

 

今回は私たちがもぅすぐ交際2年を迎えようとしている段階で何故同棲解消という結論に至ったのか、その理由と今後についてお話していきます。

 

国際恋愛をされている方もそうでない方も最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

 

同棲解消に至った経緯

鍵

同棲を始めた当初は互いに気を使ったり言いたいことを我慢してしまった時もありましたが、私たちは常日頃、言いたいことを口に出して伝えられる関係性を構築してきたつもりでした。

 

ケンカをした際には「何が不満だったのか」「理解し合えるためにはどこで折り合いをつけるか」など解決の糸口も見出だせるようなってはいました。

 

しかし結婚前提で同棲を始めてから2年が経とうとしていた最近になって、自分たちの中で互いに伝えきれていないことが1つありました。

 

それは彼にも私にもやりたいことがあり、

「1度専念してやり遂げてみたい」

「何も気にせず自由に没頭してみたい」

という思いでした。

 

私に関して言えば同棲当初はぼんやりとしていた「やりたいことの構想」がここ数年で現実味を帯びていき、ようやく今、それを実現できると強く思うようになりました。

 

確実に実現させるためには転職が必要で引っ越しも伴う可能性が高いため、どうしたら良いのか今年に入って悩む時間が増えていました。

 

彼には彼でずっと実現させたかった趣味(夢)がありましたが、同棲をしていることで私に気を使っていた部分がありなかなか言い出せなかったようでした。

その趣味には多くの資金も必要となるため、同棲しているとそれを半ば諦めなくてはいけない状況でした。

 

私が転職して引っ越しをしたいと思っても、彼は今住んでいる街をとても気に入っている上に職場も近いのでデメリットが多い。

また、彼には1度きりの人生後悔してもらいたくないので、彼のその夢を応援したい気持ちはありましたが、そうすると自分にとってベストな転職のタイミングを逃してしまう。

 

何度も何度も「同棲解消をせずに済む方法はないか?」を考えました。

 

そんな互いの胸の内を打ち明けたある日の夜、互いにベストな方法を話し合った結果が「同棲解消」でした。

別れずに同棲解消へ

話し合っている途中、別れが頭をよぎりました。

 

「結婚したいと思う相手が今目の前にいて2年も同棲してきたのに、やりたいことを優先させたい気持ちが強くなってしまった今、別れた方が互いのためなのかもしれない…」

 

そう思わずには居られませんでした。

ですが別れることなんて一切考えていないと彼が力強く言ってくれたので自分も気持ちを強く持とうと思い直しました。

 

同棲をしていないカップルは世の中たくさん居るわけで、同棲解消となることに不安を感じることはないのだと自分に言い聞かせました。

 

将来的に結婚したいという意思は変わりません。

ただ今は互いにやりたいことをとことんやり遂げる、結婚後に後悔が残らないように。

 

その思いを最優先させることになりました。

なので、交際はこれまで通り続けながら互いに自由に羽ばたける環境に身を置くことが最良の選択でした。

 

大号泣!の荷造り3日間

引っ越し

同棲解消の結論を出した瞬間から私は大号泣でした…。

もともと涙腺が弱い方ですが、その日からの荷作りは涙腺崩壊状態。

自分たちで出した結論なのに、涙が止まらず寂しさに襲われ、胸が苦しくなり、泣きっぱなし。

どれをダンボールに詰めても思い出が蘇りまた号泣。

 

泣きすぎて目は腫れ、頭が痛くなり、終いには何故だか歯まで痛くなる始末。(笑)

 

別れるわけでもなければ同じ日本にいて、すぐに会える距離にいるというのに今後のことを思うと不安が募っていました。

 

同棲解消するにあたって私はまず先に家を出て、一旦実家に戻ることにしました。

荷物をすべて車に積んだあとの部屋は、案外対して変わらず少しきれいになった程度の印象。

 

彼は今後節約のためもっと小さな家に住むことに決めたので、見つかり次第今の家を離れることになります。

 

まさか結婚前提で同棲していた娘が実家に帰ってくるとは親も驚いていましたが、事情を説明しなんとか納得してもらいました。(親への説明は一苦労でしたが…)

 

同棲解消の結論を出した日が1番辛く胸が張り裂けそうな思いでしたが、自分がやるべきことは決まっているので

「気持ちを切り替えて前に進むのみ」

だと彼とバイバイした瞬間、自分に強く言い聞かせたのを覚えています。

同棲解消後、気持ちの変化はあった?

気持ち

同棲解消直後は食欲がわきませんでしたが、少しずつこの状態に慣れてきました。

 

これまでは毎日顔を合わせ、目の前にいることが当たり前だったのに同棲解消すると決めた瞬間から、どれだけ貴重な日々だったかを感じるようにもなりました。

 

そしてそんな当たり前の空間に当たり前のように居た彼の存在が自分にとって本当に特別だったんだと気付かされました。

 

Twitterでは、国際遠距離恋愛をされている皆さんの恋しさ募るTweetをよく目にすることがありますが、このような状況になった今その1つ1つのTweetにとても共感しています。

離れ離れで居ることがこんなにも辛く、心が会いたいと叫びたくなるほどなのだと知りました。

 

私たちは幸いにもすぐに会える距離に居ますが、国際遠距離恋愛をされている方の思いや辛さ、歯がゆさを少なからず自分も経験し、どれだけ悲痛な思いだったのかがわかりました。

 

私たちはこれまで2人で写真を撮ったり送り合うことをあまりしてきませんでしたが、私が家を出る日は2人で写真を撮りました。(ちょっと照れくさかったです)

 

私が家を出てから、

『1人で暮らすことがこんなにlonelyだったなんて忘れてた。今までが当たり前過ぎたんだね』

と彼も言っていました。

そしてまた必ず一緒になろうという気持ちが強くなったようです。

 

今まで当たり前のように取っていた連絡も、

「まだ返信来ないなぁ…」

「今何してるかなぁ?」

と思いを馳せるようになり、1つ1つの連絡が愛おしくそして一喜一憂するようになりました。

 

同棲解消によって不安はゼロではありませんが、付き合い当初の頃のようなフレッシュな気持ちになれたり、互いの存在をより大事に思えるようなったり、時間の尊さに気付かされたので、こんなにも良い効果をもたらしてくれるとは思ってもいませんでした。

 

そして私は納得した形で転職先が決まり、もぅすぐ新しい生活がスタートします。

憧れていた会社で、自分が興味のあった職種に挑戦するチャンスをもらえ、喜びに満ち溢れています。

これまでを無駄にしないよう、新たな環境でたくさんのことを吸収してとことんやり遂げたいと思っています!

 

ブログの今後について

何度か当ブログを訪れてくださっている方はご存知かもしれませんが、当ブログでは同棲生活に関する様子も多く投稿してきました。

ですが今後は同棲生活の代わりに同棲生活解消後の私たちをアップデートしていきます。

 

またいつか一緒になる時がくるのか、それとも別々の道を歩んでいくことになるのか?

 

どうなるのかは自分たちも正直わかりません。

 

また、国際恋愛に関する記事はこれまで通り投稿していく予定ですので、引続きよろしくお願いします。

 

同棲解消となった今、私が投稿してきた同棲に関する記事を読者の方々がどう捉えるかはわかりませんが、これまで綴ってきたことは素直に感じた通りを伝えており、同棲をしたことに対しても後悔の気持ちは全くありません。

 

同棲してみなければわからなかった相手の一面はたくさんあったので、同棲はとても意味のあることだと思っています。

とは言え結婚に向けて同じ方向を向いて歩いていたつもりでしたが、やはりどこかで互いに気を使っていたのは事実です。

 

ですので、今後同棲をしたいと思う方や今同棲中の方にお伝えできるなら、この2つの両極端をここに残します。

 

  1. やりたいことを優先したいのならまだ同棲は待った方が良い!
  2. やりたいことをやりきるためなら同棲解消もアリ!

 

同棲しながらでも叶えられそうであればそれに越したことはありません。

ですが私たちは同棲しながらだと現段階では難しかったので、別れずに同棲解消だけを選びました。

 

同棲した後に同棲解消となるとマイナスなイメージが強いかもしれませんが、意外にもそんなことばかりではないように感じます。

今まで以上に互いを大事に思うことができ、何よりも時間の大切さに気づきました。

 

時間は有限。

久々に会える数時間、話せる数分が貴重になりましたし、自分は今までなんて時間を無駄遣いしてきたんだろうと感じました。

 

今後私たちがどうなっていくのかは、ブログを通して近況をアップデートしていけたらと思います。

 

長文をここまで読んでくださりありがとうございました。

今後も当ブログINTERNATIONAL LOVEをよろしくお願いします!

Twitterもやっていますので、気軽にフォローお待ちしてます♡