超ゲーマーなアメリカ人彼を攻略!円満に同棲生活を送る4つの秘訣!

ゲーム好きなアメリカ人彼

アメリカ人彼のGarfieldは、3度の飯よりゲームが好きな人です。

しかし同棲生活を始めるまでは、そこまでゲーム好きだとは思ってもいませんでした。

 

あまりにも毎日ゲームばかりやるので、「もっと私との時間を持って欲しい!」という不満が徐々に募っていきました。

 

パートナーが自分以外の何かに夢中になっていると寂しく感じるものです。

とは言えかまってちゃんにはなりたくありません。

 

そんな葛藤を抱えながら2人の時間を増やすにはどうすべきかアレコレ試行錯誤しました。

そしてゲーマー彼の攻略法を見つけてからは、円満な同棲生活を送ることができています。

(厳密には攻略法というよりも秘訣や工夫になります)

 

超がつくほどゲーム好きな彼と全く興味のない私、そんな私たちがどうやってうまく同棲生活を送っているのか?

 

私が実践した円満に同棲生活を送る方法を紹介します!

※攻略法は私見になりますので一概には言えるというわけではありません

 

なぜアメリカはゲーマー大国?

なぜアメリカ人はこんなにもゲーム好きなのか?

※ゲーム好きはアメリカ人に限ったことではありませんが、ここはあえてアメリカ人に絞って話をします

アメリカ人の中にもゲームに興味のない人はいますが、ゲーム好き人口が多いという話です

 

アメリカ人がゲームにハマる理由。

それは「平凡な日常から求めた刺激の先にゲームという娯楽が存在した

からではないでしょうか。

 

Pooky
日本のように土地が狭い所では、自宅近くの飲食店でも気軽に飲み明かすことができるよね。
Garfield
日本にはカラオケやゲームセンター、漫画喫茶やボーリング場とか、徒歩圏内でストレス発散できる娯楽施設が多数存在するから家以外でも時間を潰せるんだよ!

 

一方で広大な土地のアメリカでは、基本車移動。

 

Garfield
出かけるなら車を運転しなきゃならないから、飲酒を控えなきゃいけないんだよね。
Pooky
逆に飲酒したいなら車の運転を誰かに任せなきゃいけなくなるから面倒だね。

 

無論、まだ手のかかる子供が1人で外を出歩くことも基本しませんから、子供でも家で遊べる何かが必然的に必要になってきます。

 

そういった環境の中子供の頃からゲームという身近な娯楽に触れることで、家での時間の過ごし方を覚えるのだと思います。

 

そして大人になってからでも日本のように仕事後の飲み会という文化がない分、仕事とプライベートの区別がはっきりとしています。

 

仕事後は家族との時間を楽しむ人も居るでしょうが、1人暮らしの人や独身の場合は自身に割ける時間の割合が多く余暇があるのでしょう。

 

仕事と家の往復のルーティンに刺激を求めた時、身近なゲームという存在が現実の世界を忘れさせてくれるものになるのではないでしょうか。

 

仮想のキャラクターに自分を投影させたり、困難なミッションを成し遂げた時の達成感。

非現実的な世界で心が満たされていくのではないかと思います。

 

アメリカでは1人1部屋も当たり前なので、自分の部屋で誰にも邪魔されることなくゲームができる環境があります。

気づけば娯楽というよりも生活の一部として、ゲームまでもがルーティンになっているのです。

 

ゲームには目的の達成や進化を楽しむという刺激があるので、飽きずに続けることができるのだと思います。

 

同棲を始めてから知ったゲーマー度

彼はもっぱらパソコンでゲームをしています。

仕事から帰宅後、就寝直前、休日で出かける支度の前、とにかくゲーム三昧。

没頭すると平気で5,6時間はトイレも行かずに遊び続けます。

 

Garfield
What ? Any problems ?

 

私たちは付き合い始めてから1週間後くらいに互いの家で同棲生活をし始めたので彼のライフスタイルをよく知らないままでした。

 

同棲のきっかけとタイミングについては国際カップルの同棲、損しないための賢い物件探しのポイント!(同棲のきっかけ)で綴っていますので、あわせて読んでみてください。

 

早い段階での同棲スタートでも後悔はありませんでしたが、不満が徐々に溜まっていったことで危機感を覚えました。

 

「どうにかしてゲーマー彼との同棲生活を円満に続けられる方法はないか?」

 

あらゆる試行錯誤の結果導き出したのがこれから紹介する4つの方法でした。

 

ゲーマー彼との同棲生活がうまくいく4つの秘訣

歌を歌いながらアテンションプリーズ

基本的にゲームの邪魔をすることは嫌われますし、そもそも邪魔はしたくありません。

しかしまずどうにかしてアテンションが欲しい。

 

そんなことを考えているうちに思いついたのが、

Charlie Puth : Attention

を歌いながらを彼に近寄って行く方法でした。(笑)

 

Charlie Puth : Attention

本来この歌は、元カノがCharlieの気を引くためにパーティーにワザと顔を出し、もう一度興味を惹かせるという「誘惑」をテーマにした曲。

 

ですがそんな背景は気にしません。

 

本当の歌詞のサビ部分は、

You just want attention, you don’t want my heart

Maybe you just hate the thought of me with someone new

サビ部分だけ替え歌で歌いながら彼の興味を惹きます。

I just want your attention, I don’t want your heart…

I just want your attention」の部分を意味ありげに強めに歌いながら彼の近くに寄っていくのです。

 

すると彼は、

「僕のアテンションが欲しいだね〜!」

と言ってゲームの手を止めてくれました。

 

Garfield
注目せずにはいられない斬新な近寄り方だったからね!

 

「いい加減ゲームのやりすぎだ!」

と思っても直接言葉で示すのではなく、歌で表現することで柔らかく伝えることができます。

 

真剣モードの時に中断させることは躊躇しますが、共通のお気に入りソングでアテンションをもらうのはアリだと思います。

 

パートナーが長時間ゲームをしていると、

「いつまでゲームやってるの?」

とつい言いたくなるものです。

 

ですが入り方を工夫すると案外うまくアテンションをもらうことに成功しますよ。

1人の時間を楽しむ

彼とは正反対な性格の私は、特にこれと言って熱中するものもなければ飲み歩きもしません。

同棲をし始めた当初はどうしても彼の生活スタイルが自分と違い過ぎて気になっていました。

 

「今日もゲーム三昧か…」

 

何かに没頭することがない私はいつしか彼の生活スタイルに不満を抱き、干渉気味になっていたのです。

ですがこのままでは同棲生活は長続きはしません。

 

国際カップルがうまくいく秘訣!でも綴りましたが、正反対な性格同士がうまくいく秘訣の1つは相手を干渉しないことです。

 

それぞれ1人の時間を有意義に楽しむためにも、代わりに私も何か打ち込める事を見つけることが必要だと感じました。

 

そこでこのブログを始めたのも1つの理由でした。

1記事書くには長い時で1,2日かかり、集中力と根気が必要になります。

 

ですがこのブログを書くのが楽しく、次のネタを探したり、記事の修正をしているとあっというまに時間が過ぎていきます。

 

おかげで彼を干渉することなく自分の時間を持て余すこともなく、有意義に過ごすことができるようになりました。

 

Pooky
ブログの訪問者数がモチベーションにも繋がっています!いつも読んでくださりありがとうございます!

 

趣味を見つけるのって簡単なことではないと思います。

しかし色々と試しながら自分に合った何かを見つられると同棲生活も円満になると思います。

時間配分のバランスを保つ

ゲームをすること自体に不満や文句はありません。

ですが「やり過ぎ」には注意して欲しいという思いがあります。

 

特に彼の性格上、没頭すると時間も忘れトイレも行かなくなるほど集中してしまうので声をかけないと何時間でも遊び続けます。

 

「こんなんじゃ私の顔よりもパソコン画面と向き合っている方が多くなるんじゃないか?」

 

危機感を覚えてからは時間配分のバランスを保つよう提案をしました。

 

ゲームをやり過ぎた日の次の日は私との時間を多めに取る、又は1日の中でバランスを保つようにしてもらうようにしています。

 

ただ、彼が休みの日くらいは好きなようにしたいと思うのであまり口出しはしません。

主に平日にバランスを保つよう心がけてもらうことで、互いが離れて過ごしていた1日を埋めるようにしています。

2人で共有する時間を確保

いくつか攻略法はあるにしろ、最も良いのは2人で楽しめる何かを見つけることだなと思っています。

映画鑑賞でも、2人でゲームをするでも良いと思います。

 

私はいくつか一緒に彼とゲームをしてみましたが、残念ながら面白さを感じられませんでした。

なので、私たちの場合ゲーム以外のことで共有できる時間は映画鑑賞になります。

 

ただ2人で語り合ったり、子供の頃の話をする時間にしても良いと思います。

 

2人で楽しめる何かを見つけることで、バラバラに過ごす時間の偏りをうまく回避できると思います。

 

攻略失敗談

付き合い当初は同棲生活の理想と現実にギャップを感じ、不満を言うことが多くありました。

私の小言に嫌気がさした彼の機嫌が悪くなることもしばしばで、今思えば私の言い方にも問題があったなぁと思います。

 

Pooky
なんでそんなにゲームばかりしてるの?
Pooky
いつまでゲームやってるの?
Pooky
いい加減もうゲームやめて寝たら?

 

これは完全に反感を買いました。

伝え方がまずいですよね。

 

不満が溜まった時はどうしても気持ちが先に出てしまい、論理的に話すことができていませんでした。

これもまた国際カップルがうまくいく秘訣!で綴っていますが、言葉の伝え方には気をつけなれければなりませんね。

 

国際カップルなのだから、誤解が生じないよう余計に言葉選びに気を使わなければならなかったなと反省しました。

 

それともう1つ。

超真剣モードの時、キリが悪い時に話しかけたことがありましたがタイミング悪くて結果的に良いことは何もありませんでした。

 

いくら言いたいことがあっても、ひとまず待てる余裕はあった方が良いと思いました。

 

ゲーマー彼の攻略法まとめ

パートナーが外国人であってもそうでなくても言えることですが、

人の性格は基本的に変わらない

です…。

 

それを心得た上でできる対処が円満な同棲生活を送る上で大事だなと思います。

 

4つの攻略法
  1. 斬新な切り口で気を惹く
  2. 1人の時間を楽しむ
  3. 時間配分のバランスを保つ
  4. 2人で共有する時間を確保

 

パートナーの大事な時間を邪魔したくはないけどこの状況は辛い、でもかまってちゃんとは思われたくない。

自制心と独占したい気持ちの狭間で葛藤することもあると思います。

 

しかし言わずに溜め込んでしまうことは根本的な解決には繋がりません。

 

アメリカは言いたいことをストレートに表現する文化だと言われていますがユーモアを交えて伝えてみると意外に相手の心を掴むことができます。

 

少し変わった切り口から入るのも良いですし、自分が適応するのも1つの手です。

 

相手を変えようとするよりもその方がラクで、新たな発見があるかもしれませんからね。

 

近頃はSNSやスマホ依存も深刻な問題になってきているので、きっとこのような悩みを抱える方は多いと思います。

 

正反対な性格同士の私たちも、こうして1つ1つの問題をクリアにしてきました

 

問題があれば目を逸らさずに向き合うこと!

 

そうすれば同棲生活の問題は解決できるはず!

目指せ全面クリア!