国際恋愛の悩みQ&A【外国人彼氏が将来母国に住みたいと言ったらどうするべきか?】

地球儀

外国人彼氏との付き合いが順調に進んでいくといずれ結婚の話が持ち上がると思います。

将来はどの国に永住するか?

国際恋愛の中でも最大の決断でもある永住問題。

多角的方面から総合的に判断する必要があるので、非常に重要な岐路に立たされますよね。

 

付き合い初めの頃から海外移住を考えていたり逆に彼が日本に移住するなど、何の問題もなくすんなりと話し合いが済むカップルもいれば、

なかなか話し合いが進まない。

自分自身の決心がつかない。

など、壁に突き当たるカップルも多いと思います。

 

この記事では、「外国人彼氏が将来母国に住みたい」と言ったらどうすれば良いか悩みを抱えるあなたに向けて回答していきます。

国際恋愛の将来を不安に感じて疲れ果ててしまう前にぜひ目を通して見てください!

 

彼氏が母国に住みたいと言ったらついて行くべきか?(カナダ編)

カナダ人の彼氏と日本で同棲していますが、彼は将来カナダに戻ってそこで永住したいと言っています。

彼のことは大好きで結婚も考えていますがカナダに永住することは不安で、これからどうするべきか悩んでいます。

Pooky
彼との関係は続けたいけれどもカナダでの永住については踏みとどまるところがあるため悩んでいるんですね。

 

ではまず以下3つの問題をクリアにしていきましょう。

 

  1. 彼が日本に住み続けたくない理由
  2. あなたがカナダに永住することに不安な理由
  3. 日本またはカナダに永住するメリットは何か 

 

この3つについて、次でそれぞれ説明していきます。

 

彼が日本に住み続けようと思わない理由

語学面が心配なのか、それともやりたい仕事がカナダにあるのか、または家族の側で暮らしたいのか?

なぜ日本に住み続けようと思わないのかを最も大きな理由から並べられるように整理していきましょう。

 

彼の率直な思いを整理してあげることで、きちんと話し合いの論点を作ることができます。

まずは彼の気持ちも尊重し、話し合いのための心と頭の整理を促しましょう。

 

あなたがカナダに永住することに不安な理由

次にあなたがカナダに永住することに不安な理由ですが、それはどのような点が不安だと感じるからでしょうか。

 

  • 語学面ですか?
  • それとも出産や子育てですか?
  • 両親や友達と離れることに抵抗を感じるからですか?

 

語学面での不安であれば、大人になってからでも自分の努力次第でレベルアップは可能です。

私がオーストラリアでワーキングホリデーを始めた頃、英語なんて少しの挨拶くらいしかできませんでした。

 

Pooky
あの頃は、お店で何かを買うのも人に道を聞くのもおぼつかなかったなぁ。

 

その後2年の間で、銀行手続きができるようになったり、電車内のアナウンスなどがわかるようになりました。

 

現地に居ると嬉しさや悔しさが原動力になって、もっと言葉がわかるようになりたい!という気持ちが自然と湧いてきます。

 

現地に居るほうが日本に居るよりも語学勉強のモチベーションは高くなると思いますよ。

 

病院や出産の手続き、細かな書類に目を通すことが苦手であれば、もちろん周りの手を借りたり、最初は翻訳サポートしてくれるサービスに頼るのも手です。

今の時代、クラウドワークスを利用すればオンライン上のやり取りだけで翻訳依頼〜納品まで完了することが出来ます。

その上、翻訳家に正式依頼するよりも安価なことが多いです。

 

ただ、正式な認可がおりている機関でないと書類が受領されないなどの決まりがある場合は、それに従う他ありません。

 

移住先ですんなり仕事が見つからなかった場合、クラウドワークスを通して一時的な仕事を探したり、WebライターやWebアンケートなど資格を必要としない単発的な仕事で収入を得るのも1つの方法です。

 

両親と離れることは心苦しく感じることではありますが、これはあなたの人生であり、両親はいつまでも生きているわけではありません。

両親の他界後もあなたの人生は続くでしょうから、自分の人生と両親との距離は切り離して考えなければそもそも決心などできません。

 

逆に離れているからこそ、両親を大事に思うことができたり、連絡を取ろうという気持ちを持ち続けることができることもあります。

いつも側にいるとありがたみに気づきにくいので、親子であれども良い距離感は必要です。

 

日本またはカナダに永住するメリットは?

2人がどちらかの国に永住するメリットは何か、互いに客観的にこの項目を見つめてください。

主観が入るとどうしても相手の言うことに耳を傾けようとしなくなってしまいますので、論理的に考えましょう。

 

2人が将来子供を望むのであれば、カナダの教育方針や子供を育てる環境、医療面や収入面など、しっかりと調べて情報を集めていきましょう。

 

自分の持つイメージだけで決めつけるのではなく、納得のいく結論が出せるように資料や体験者の情報を集めて、シュミレーションをしてみることが良い方法だと思います。

 

POINT!

上記1,2,3の理由を並べ、それぞれどのような解決策があるか、2人にとって最も理想の将来に近づけそうなものはどの選択なのか話し合おう!

 

Pooky
海外生活を経験する手段に、ワーホリ制度を利用してみては?

 

カナダであれば幸いワーキングホリデー制度がありますので、まだ利用したことがない場合は1度利用してみるのもアリだと思います。

ビザの期限が切れるまでをチャレンジ期間とし、あなたがどこまで適応できるのか国際結婚の生活イメージを持つことができるのか試してみてはどうでしょうか。

 

海外旅行が好きでも移住は嫌、逆に海外にはほとんど行かないけど移住してみたら案外住み心地が良かったなんて感じる人もいます。

あなたがもし今仕事をしていてその仕事を手放す覚悟があるならば、実際に現地へ行って目で見て肌で感じることも必要です。

 

これまで日本に住んできた彼は、異国の地で生活するという経験をしてきたのです。

今度は思い切ってあなたが経験を積む番ではないでしょうか。

 

海外移住に悩む質問のまとめ

国際結婚をする人たちは、必然的に何かの犠牲を伴うものです。

 

それでも互いのためを思って折り合いを見つけたり、妥協しながらも最善の選択をしていくのです。

 

Pooky
海外移住に悩む質問の回答をまとめますね。

まとめ
  1. 話し合いの論点を作るために彼が日本に住み続けようと思わない理由を整理
  2. 自分がカナダに永住する不安な理由を明確にする
  3. 日本またはカナダに永住するメリットを調べる
  4. 仕事の収入面、生活費などのシュミレーションを行ってみる
  5. ワーキングホリデー制度で現地生活をしてみる

国際恋愛に限らず、結婚や出産などのライフイベントは女性の人生に影響を与えることがありますが、全ては結果論。

 

人生の岐路に立った時、どれが正解かわからないながらも熟慮を重ねてその選択を正解にしていくのが人生ではないでしょうか

 

人生は自分の舵次第で大海原にも波の静かな浅瀬の海岸にも行くことを忘れないでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です