ソーシャルアパートメントで次世代型国際交流!その人気の理由とは?

ソーシャルアパートメントで国際交流

突然ですが、ソーシャルアパートメントという言葉を聞いたことはありますか?

これまで国際交流と言えばパーティーやLanguage Exchange、シェアハウスなどが主流でしたが、今人気が高まっているのがソーシャルアパートメントと呼ばれるマンション物件。

 

生活の中で自然と生まれる交流がソーシャルアパートメントの最大の魅力ですが外国人の長期滞在も可能なため、年齢や国籍、職業に関わらずマルチなソーシャルネットワークが広がる可能性を秘めています。

 

人との関わりが好きな人はもちろん、共通の趣味を通じて繋がりを増やしたい人や次世代型国際交流の場としても最適な場所なんです。

 

  • 出会いの環境を作りたい人
  • ソーシャルネットワークを広めたい人
  • 日常的な国際交流をしたい人
  • 共通の趣味を語れる人が欲しい人
  • 1人暮らしに孤独感を感じている人

などにピッタリ!

 

シェアハウスとは違うソーシャルアパートメントの特徴とその魅力をまとめましたので、ぜひご覧ください!

 

ソーシャルアパートメントとは?

出典:ソーシャルアパートメント

ソーシャルアパートメントとは、

 

従来の1人暮らし

豪華な共用ラウンジが併設

 

つまり住人間との交流を楽しむ目的で作られたマンション物件。

 

通常の1人暮らしではワンルームが基本のため広々としたスペースでの息抜きは難しいですよね。

シェアハウスだとプライバシーが守りにくかったり、夜な夜なパーティーが開催されるなど、ホッとできる時間が侵害されてしまうこともあります。

 

どちらの悩みも解消しながら快適な居住空間で生活できるのがソーシャルアパートメントなんです。

ソーシャルアパートメントの特徴

1つの部屋を複数人でシェアするのがルームシェア。

1つの家を複数人でシェアして住むのがシェアハウス。

どちらにも属さないソーシャルアパートメントには、シェアハウスや1人暮らしでは叶わなかった利点が備わっています。

 

特徴
  1. 住人間の交流を目的としたマンション
  2. 豪華なラウンジや多目的スペースが併設
  3. シェアハウスやワンルームでは得られない快適な居住空間を確保
  4. 世代や国籍、職業に関係なく居住者同士の出会いや交流が可能

ソーシャルアパートメントは運営会社の株式会社グローバルエージェンツが自社サイトのみで居住者を募集しています。

また自社スタッフが内覧から運営管理までを担っているので、統一した管理下にあります。

建物1棟がソーシャルアパートメントとして管理されているので、入居者は全員コンセプトを理解した上で入居しています。

 

住人同士の自発的な交流を誘発する住居形態が他とは違う大きな特徴です。

 

国籍や言語を超えた様々な人たちとの出会いや交流をはじめ、住むだけでなく「生きる」上での可能性の広がりが期待できるんです。

 

ソーシャルアパートメントなら

  • 誰かと交流したい時は共用ラウンジへ
  • 自分の時間を楽しみたい時は自分の部屋へ

 

このようにこれまでになかった新たなライフスタイルを確立することができます。

持て余す時間までも有意義な時間として付加価値が得られる次世代型交流マンションなのです。

 

ソーシャルアパートメントの4つの魅力

オシャレなラウンジスペース

普通のアパートやマンションであれば隣人との関わり合いって少ないですよね。

ソーシャルアパートメントなら交流目的に作られたオシャレなラウンジ(共用スペース)が併設されており、場所によっては外国の雰囲気を感じられたりホテルに滞在しているかのような気分を味わうことができます。

 

出典:ソーシャルアパートメントネイバーズ目黒

東京都目黒区にある「ネイバーズ目黒」はイギリス伝統のメンバーズクラブをイメージした内装が特徴。

ラウンジにはメンバーズクラブのバーを彷彿させるラグジュアリーなソファやチェア、バーカウンターやビリヤードが置いてあり24時間いつでも楽しむことができます。

 

Pooky
日本に居ながらイギリスを感じられるなんて素敵ですよね!

 

シェアハウスでは気になる騒音も、ラウンジを設けることでトラブル解消。

広々としたオシャレな空間がソーシャルアパートメントならではですね。

国際交流ができる

外国人が日本で賃貸物件を契約するのは容易なことではありません。

鼻から外国人の受け入れ拒否をしている物件もあり、国際化を目指す日本社会の現状には大きな差があります。

 

そんな中ソーシャルアパートメントでは外国人の居住も可能なんです!

 

賃貸契約に基づく与信審査を通れば誰でも住むことができます。

日本人と交流をしたいと思っている外国人も必然と集まるので日常的に国際交流が生まれます。

 

Garfield
これから日本で生活をしたいと思っている外国人にぜひオススメしたいね!

 

シェアハウスとは違う、大人が集まる環境で過ごせば日々新たな発見や刺激が得られることは間違いありません。

人生が変わる出会いが訪れるかもしれませんよ!

趣味仲間との出会いや交流で豊かな日常に

交流の場としてラウンジが併設されていることは先ほど紹介しましたが、場所によってはさらに驚きの設備があります。

 

埼玉県和光市の「FILMS和光」にはなんと、本格的シアターが併設されているんです!

 

出典:ソーシャルアパートメントFILMS和光

実際に映画館で使用されているチェアが配備されており、誰もが1度は夢見た住まいの中に映画館のある暮らしが実現できるんです。

 

Garfield
僕今すぐここに引っ越したい!
Pooky
えっ?

 

このシアターは住人が自身のポータブル機器をつなぐことで、上質な映像を大スクリーンに映し出すことができます。

 

クリエイターやYou Tuberなら自身の作品を流して皆に鑑賞してもらうチャンス!

客観的な意見や感想を述べ合うことで次の作品作りに活かすことができますね!

 

東京都文京区にある「ネイバーズ護国寺」はなんとラウンジとは別に1Fにカフェ『WORLD NEIGHBORS CAFÉ』が併設!

 

出典:ソーシャルアパートメントネイバーズ護国寺

住人同士はもちろん友人を招待して一緒に利用することもできます。

ワールドワイドなフードやドリンクをカジュアルな料金で提供してくれるのが嬉しいポイント!

 

Pooky
何気ない毎日の夕食シーンも社交場に変わりますね!

 

カフェで仕事をするのも良し、読書をしながらのんびり過ごすのも良し。

遠出しなくてもこんな素敵なカフェを気軽に利用できるのは居住者の特権ですね!

 

東京都世田谷区の「ネイバーズ二子玉川」は自転車と暮らすがラウンジのテーマ。

 

出典:ネイバーズ二子玉川

なんと外から自転車をそのまま乗り入れられる設計なんです!

自転車乗り入れOKのラウンジはソーシャルアパートメント史上初めて。


二子玉川はBillsやロンハーマンカフェなど人気店もこぞって出店する、言わずと知れた超人気の商業・住宅複合エリア。

その一方で物件の周辺は多摩川と国分寺崖線に囲まれた、自然豊かな緑のあるロケーション。

 

仲間と一緒に多摩川を自転車で気持ち良く走ったあとは、ラウンジでさらに自転車話に花を咲かせるのも良いですよね。

 

ソーシャルアパートメントではそれぞれコンセプトの異なるラウンジが併設されているので、同じ価値観や趣味の人との出会いや交流が生まれやすいのが特徴です。

 

ここでの出会いがきっかけで結婚したカップルもいる(後ほどその件にも触れます)ので、ソーシャルアパートメントの存在は人生をも変えるんです!

 

中心街でもコストを抑え、通勤もラクに

例えば東京23区は地方よりも群を抜いて物価が高く、家賃相場も年々上昇しています。

23区内で1人暮らしをするとなると平均7〜10万円の家賃がかかります。

 

もちろん中には5,6万円の物件もありますがセキュリティーが整っていなかったり築年数が古いなど、理想の物件に出会えるのは簡単ではありません。

都心で1人暮らしをするなら妥協しなければいけない点が多いのが難点です。

 

安さを求めてシェアハウスに住むとなれば、慣れない他人との共同生活にストレスを感じたり、騒音や盗難など何かとトラブルがつきものです。

 

その点ソーシャルアパートメントは中心街でも快適な1人暮らしが実現できる設備が充実。

ラウンジで交流しつつも他人のライフスタイルを干渉すること無く程良い距離感の中で生活することができます。

 

場所によって部屋の広さや家賃は異なりますが、これだけ充実した設備が整いながらも家賃相場に適した価格で利用できるのはソーシャルアパートメントだからこそ。

 

安さを求めるシェアハウスとは違い、大人の交流の場として支持されるのがソーシャルアパートメントの人気の理由です。

実際に居住した人ってどんな人?

ソーシャルアパートメントは東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、神戸、札幌で展開しています。(2019年3月現在)

居住者の平均年齢は20〜30代、男女比は6:4。

外国人の割合は2割り程度ですが物件によっては4割にもなるようです。

 

現在海外に居て内覧ができないという人でもメールや電話のやり取りで入居することが可能です。

契約期間は定期賃貸借契約で1〜2年間なので、程良い頻度で住人の入れ替わりがあります。

 

でもソーシャルアパートメントに住む人ってどんな人なのか気になりますよね?

公式HPでは入居者インタビューを掲載し、実際にこれまでソーシャルアパートメントに住んだことのある人の感想を紹介しています。

 

ここで3名の方のインタビューを一部紹介します。

 

大阪の某製薬会社に勤める音楽好きの浅田さん

元々職場の近くに住んでいたにも関わらず、約1時間30分かかる「OTOWA神戸元町ラウンジ」に移りました。

知ったきっかけはバンド仲間が紹介してくれたこと。

音楽テーマのラウンジで音楽好きが集まる音楽好きのためのマンション。

すぐに内覧に申し込んでいましたね…

入居インタビューの続きはこちらから

 

日本語の勉強のために来日しているニューヨーク出身のLeeさん

1人暮らしでの生活に物足りなさと寂しさを感じていた時にバイト仲間に相談したところ、ソーシャルアパートメントの存在を知りました。

「ネイバーズ護国寺」に入居してからは、みんなに語学学校の宿題の相談にのってもらったり、逆に英語を教えたり。

それから仲間とYou Tubeで動画を配信したりと、すっかり楽しんでいます…

入居インタビューの続きはこちらから

 

ソーシャルアパートメントで出会い結婚した岡野さん夫婦

たまたまラウンジで話す機会があって、そこから徐々にいい感じになりました(笑)

付き合い始めてからは、外で時間を気にしながらデートするんじゃなくて「じゃあちょっと屋上でしゃべろっか」と言って夜中の3時くらいまで気が済むまでしゃべって部屋に戻るっていうのを何度もしてました。

ソーシャルアパートメントならではの付き合い方を楽しんでいたかもしれません…

入居インタビューの続きはこちらから

 

ソーシャルアパートメントだからこそ得られる出会い、人脈、新たな発見。

平凡な毎日にスパイスが加わり刺激のある日々を送ることができるんですね。

 

大人が子供に戻って過ごせる場所でもあり、学ぶ場でもある。

ここで過ごす時間は貴重な財産になります。

 

ソーシャルアパートメントがよくわかるライフスタイルコンテンツの続きはこちらから

 

出会いと交流でベネフィットが生まれる

出典:プレスリリース (ソーシャルアパートメント日本橋浜町)

シェアハウスや1人暮らしで抱える悩みを解消し、いいとこ取りをした住まいがソーシャルアパートメントの魅力。

個人のライフスタイルに触れながらも程良い距離感で交流することができるので、次世代の交流の場として人気が高くオープンと同時にすぐに満室になってしまうほどだそうです。

 

周囲から良い刺激を受けて新たな自分に出会ったり、暮らしが豊かになるメリットがたくさん!

 

今の生活に満足できない、新たな出会いが欲しいと思う人は、思い切って環境を変えてみることも大事です!

なぜなら環境を変えたことで得られた出会いは実際にありますから。

 

特に都心部はすぐに満室になってしまうようなので、気になる方はぜひ問い合わせてみてくださいね!